債務整理の最善の方法まとめ※任意整理デメリットガイド

 

債務整理に悩んだら、まずは専門家に相談し、自分の状況を把握することから始めましょう。
もろもろの手続は、専門家が代行してくれ、任意整理の場合取り立てもストップします。

 

債務整理方法の検討・無料相談は信頼と実績の弁護士事務所へ。

 

満足度が高く、申し込み数No.1の事務所は

フェア&スクエア法律事務所

 

フリーダイヤル:0120-890-813

 

 

任意整理とは

 

 

任意整理は、消費者金融から借りたお金などの返済に関して、当事者同士で整理していく手続きのことを指します。
基本的な手続きの順序としては

 

司法書士事務所などに依頼して

 

仲介人を立てて

 

債権者と交渉していく

 

ことになります。

 

任意整理のメリットとしては、裁判所を通さずに手続きを行うため、自己破産などと比べると、手続きが簡単な点が便利です。
また、原則として、任意整理の手続きを終えた後、将来の利息が全て免除されます。

 

結果的に借金の完済が早まる可能性もありますし、利息制限法の適用で借金の総額が減ることもあります。
※ただ、この時、もしお金の借入れ期間が長いケースの場合、過払いになっていることもあります。

 

任意整理のデメリットとは

 

このように色々と良い部分が見れる任意整理の手続きですが、当然デメリットも存在しています。

 

例えば、一度任意整理を行うと

 

お金の借入れが今後5年間ほどできなくなる可能性がある。

 

その他にも自己破産などに比べると、債務の額を減らす効果が望めない。

 

任意手続きを許可してくれる金融業者が減ってきている

 

、などのデメリットがあります。
しかしこの点に関して問題がないならば、任意整理を行うのは一つの手段であるといえるでしょう。
法人・個人の経営が悪化したからといって、必ずしも破産する必要はないのです。

 

任意整理と債務整理の違いについて

 

任意整理と債務整理の違いは全くありません。
というのも、債務整理という法律の中に任意整理という法的手段が存在するからです。

 

任意整理も債務整理も同じ法的手段に過ぎません。
任意整理というのは、債務整理の中にある四つの手段の中の一つになっています。

 

この四つの手段には、任意整理特定調停民事再生自己破産という手段があり、各々の状況によって適用されるケースが異なっています。

 

例えば、比較的簡易的な案件を解決したいときには任意整理を利用することになります。

 

それに対して、民事再生や自己破産は強制力の強い法的手段になっています。
これらは一度申請が通るとたとえ債権を持っている債権者であっても権利を行使できなくなるのです。
任意整理もそのほかの債務整理の手段も、債務者を救う手段として存在していることに変わりはありませんし、その点において違いは全くありません。

 

 

任意整理手続におけるデメリット

 

任意整理は債権者と債務者の話し合いによって新しい契約の更改をすることを目的としていますので、根本的に裁判所を通した取り決めをするわけではありません。
便宜上、法律の専門家を間に入れて話し合いをすることになりますが、法的効果を発揮させるのはあくまでも当人同士の合意なのです。
過払い金問題などは主に任意整理で解決できる手段になっており、利用されるケースは非常に高いと言えますが、
債権者とのトラブルを避けるためにも、任意整理は専門家に依頼するほうがメリットは大きいと言えます。

 

 

任意整理を専門家に依頼するメリット

 

債権者とのやりとりを代行してくれる

 

取り立てがストップする

 

解決への計画を立ててくれる

 

借金に困ったら、まずは相談してみましょう。
公的な無料紹介所もありますが、おすすめは専門家へ直接メール・電話で相談することです。
下記の事務所は任意整理に実績があり、丁寧な対応で好感が持てます。

 

↓相談無料でおすすめの弁護士事務所です。↓

フェア&スクエア法律事務所

フリーダイヤル:0120-890-813

 


樋口総合法律事務所

 

債務整理:個人再生